超音波センサを接続したい。 【オムロン編】

更新日: 2012-02-02 14:56

■説明

オムロン社製超音波センサE4A-3Kは超音波の発信器と受信器をセットにした反射形のセンサで、0.3~3mの範囲で物体を検出します。人体や自動車の検出に適したセンサで、ドアの開閉やゲートの開閉を行うシステムに適用いただけます。センサの出力はリレー出力(有接点出力1c)となっており、コンテックのデジタル入力ボードと接続して信号をPCに取り込むことができます。

 

■参考構成

 

■接続例

オムロン社製超音波センサE4A-3K(DC電源仕様)とデジタル入出力ボードPIO-32/32L(PCI)Hとの接続例になります。物体を検出している間、超音波ンサ内の接点が切り替わり、デジタル入出力ボードは信号の変化を検出します。

 

おな入力回路仕様のデバイスは、以下の通りです。

USB対応

PCI Express対応

 

PCI対応

※出力ポートについては、ボード上のジャンパにより、”外部電源を使用” に設定して下さい。

カテゴリ

キーワードタグ

ページの先頭へ戻る

掲載記事についてのご意見・ご要望をお寄せください。ご意見・ご要望はにお願いします。

株式会社コンテック

Copyright © 2020 CONTEC Co., Ltd. All Rights Reserved.