小型モーターの検査がしたい。

更新日: 2011-11-01 17:16

■概要

小型モータの異音、異常振動検査の方法には、マイクロホン、加速度センサからの入力をアナログ値としてPCに取り込み、判断する方法があります。産業用途向けマイクロホン、加速度センサは各社から提供されていますが、多くの場合、実際に接続しての評価が必要になります。本資料は小野測器殿のマイクロホン、加速度センサとコンテックのアナログ入力デバイスの接続確認について紹介しています。

 

■確認機材

・MI-1234 ½インチ計測用マイクロホン 20Hz~20kHzまでの周波数帯域を持った高性能マイクロホン

・MI-3111  ½インチ計測用マイクロホン用プリアンプ BNC接続可能なマイクロホン用プリアンプ

・MX-105 BNC-BNC信号ケーブル(5m)

・NP-3418 プリアンプ内蔵型加速度検出器 1.0 mV/(m/s2)±1 dB の加速度センサ

・SC-2120A 音響校正器 スピーカユニットを使用した簡易型の音響校正器。

・SR-2200 2chセンサアンプ 定電流駆動アンプのセンサを専用の解析器以外で使用するためのセンサアンプ

 

■添付ファイル

カテゴリ

キーワードタグ

ページの先頭へ戻る

掲載記事についてのご意見・ご要望をお寄せください。ご意見・ご要望はにお願いします。

株式会社コンテック

Copyright © 2019 CONTEC Co., Ltd. All Rights Reserved.