LVTTLデジタル出力を具備するデバイスとリレーを接続したい

更新日: 2013-12-10 18:37

LVTTLデジタル出力によってリレーを介して12VDCの回路のON-OFF行なう活用事例です。

以下は、AIO-160802AY-USB のLVTTLデジタル出力端子1点から、TEXAS INSTRUMENTS社製 5V ロジックIC SN74LS06N、TE Connectivity社製 産業用リレー(汎用) PCN-105D3MHZ を介して 12VDCで駆動したパトライト社製 シグナル・タワー LES-102A のON-OFFを行なった接続、および動作確認状況です。

8万回程度、ON-OFFを繰り返して、動作に問題ないことを確認しています。

【外部リンク】日本テキサス・インスツルメンツ株式会社

【外部リンク】タイコ エレクトロニクス ジャパン合同会社

【外部リンク】株式会社パトライト

機器の接続状態

Test Situation

①パトライト社製 シグナル・タワー LES-102A
②12VDC直流電源(上記表示灯の駆動のために使用) 市販製品
③5VDC直流電源(④TTL素子駆動ために使用) 市販製品
④USB2.0対応 高精度アナログ入出力ターミナル  AIO-160802AY-USB
⑤TTL→リレー回路  次項参照

TTL→リレー回路の様子

Test Circuit

①リレー(TE Connectivity社製)  PCN-105D3MHZ
 ②サージキラー用ダイオード 市販製品※
 ③5V ロジックIC (TEXAS INSTRUMENTS社製)  SN74LS06N

※逆耐電圧:50V以上、順電流が、24mA以上のものを選定。

AIO-160802AY-USB ~ 小型表示灯との接続回路

Electrical schematic

動作状況(動画)

診断プログラムを起動して、該当ビットをクリックして、表示灯のON-OFFを行なっている様子です。

ページの先頭へ戻る

掲載記事についてのご意見・ご要望をお寄せください。ご意見・ご要望はにお願いします。

株式会社コンテック

Copyright © 2019 CONTEC Co., Ltd. All Rights Reserved.