波形解析で 、周波数を検出したい (プログラミング手法の紹介)

更新日: 2013-08-20 15:00

 プログラムによる波形解析で、周波数を検出するための処理方法を紹介します。

 ここでは、センサーや発生器から出力された電圧を、アナログボードで収集し、サイン波形などの周波数を、プログラミングで検出させる処理方法を(アルゴリズム)紹介します。また、応用すれば、矩形波の周波数や、電圧レベルの判断処理の追加で、波形の電圧レベルチェックにも活用できます。尚、本コンテンツでは、処理方法として、フローの案内までとしています。実際のプログラミングや応用方法については、お客様様でご検討の程お願いします。

 資料の掲載内容 (目次)
 1.波形の収集から、解析までの流れ

 2.周波数検出のフローと波形の関係

 3.周波数検出のフローに変数等割り当てた、具体的なフロー

 4.資料
   ・アナログボードで収集する為のサンプルプログラム紹介
   ・サンプリング時間の指定について

  参考:抜粋画像

  

 

 

ページの先頭へ戻る

掲載記事についてのご意見・ご要望をお寄せください。ご意見・ご要望はにお願いします。

株式会社コンテック

Copyright © 2019 CONTEC Co., Ltd. All Rights Reserved.