MATLABで電圧信号を計測したい

更新日: 2013-02-04 14:57

■説明

MATLAB Data Acquisition Toolboxとアナログ入力デバイス用のドライバを適用すれば、MATLABに実際の電圧信号を取り込むことができます。

コンテックでは、MATLAB Data Acquisition Toolboxに対応したアナログ入力デバイス用のドライバとしてML-DAQをご用意しています。

コンテックML-DAQはデバイスドライバのみの提供になりますので、サンプルプログラム等、使用方法につきましては MATLABのData Acquisition Toolboxのリファレンスを参照いただくことになります。

 

まず最初の動作確認には、MATLABのData Acquisition Toolboxのリファレンスの

4章「アナログ入力のGettingStarted」にあるサンプルプログラムの実行をお勧めします。

4-20「National Instulmentsのボードによるデータの取得」はNI社ボードを参考に挙げていますが、

dacdoc4_2のmファイルについて以下の部分の変更でコンテックのデバイスをご使用いただけます。

 

AI = analoginput(‘nidaq’, 1);

 

を以下に変更(コンテックデバイスインストール時のデバイス名設定が「AIO000」の場合)します。

 

AI = analoginput(‘contec’, ‘AIO000’);

 

MATLAB、MATLAB Data Acquisition ToolboxについてはMathWorks (マスワークス)様のHPをご確認ください。

http://www.mathworks.co.jp/

 

■対応しているコンテック製品(弊社MATLAB用ドライバML-DAQのご紹介)

https://www.contec.com/jp/products-services/daq-control/pc-helper/daq-software/ml-daq/price/

ページの先頭へ戻る

掲載記事についてのご意見・ご要望をお寄せください。ご意見・ご要望はにお願いします。

株式会社コンテック

Copyright © 2019 CONTEC Co., Ltd. All Rights Reserved.