ロータリーエンコーダーと接続したい。 【マイクロテック・ラボラトリー編】

更新日: 2012-07-24 17:42

CNT32-MT(LPCI)との接続実績があります。

以下は、マイクロテック・ラボラトリー株式会社製 リニアスケールエンコーダ MLS-30-4500-1000 と CNT32-4MT(LPCI) との接続、および動作確認結果です。

【外部リンク】マイクロテック・ラボラトリー株式会社

確認時の接続状態

MLS-30 CNT32-4MT(LPCI)

MLS-30-4500-1000 と CNT24-4MT(LPCI)との接続状態

MLS-30 CNT32-4MT(LPCI)

接続確認時の主な製品構成

リニアスケールエンコーダ MLS-30-4500-1000【外部リンク】
バスアダプタ(ExpressCardスロット用) EAD-CE-EC
拡張シャーシ ECH-PCI-CE-F2B
絶縁型カウンタ入力モジュール CNT32-4MT(LPCI)
 68ピン0.8mmピッチコネクタ用両側コネクタ付

シールドケーブル(1.5m)

 PCB68PS-1.5P
圧着用中継端子台(M3ネジ、68点)  EPD-68A

接続実績のある製品と同等の製品

PCI Express対応 高速アップダウンカウンタボード

Low Profileサイズ

CNT-3204MT-LPE

動作確認の様子(動画)

CNT32-4MT(LPCI) に付属の診断プログラムでエンコーダから出力されるパルスをカウントしました。

ページの先頭へ戻る

掲載記事についてのご意見・ご要望をお寄せください。ご意見・ご要望はにお願いします。

株式会社コンテック

Copyright © 2019 CONTEC Co., Ltd. All Rights Reserved.